優柔日誌「コマレテル」

決断できない人の日誌です。

激安mineoプリペイド プチ体験パックを使ってみました。[格安sim]

   

格安simという言葉が一般的になって来ましたがどこもかしこも料金体系は、同じようなものです。ドコモやauの回線を借りてサービス提供しているだけですしね。ただ、その借りている回線容量が企業の資金力とつながっていて契約者数がそれなりで収益力がある企業の回線容量は、太く貧乏企業は、細いという事でデータ接続時のデータ転送能力に差があります。

単純に回線容量が太いからという事で高速なネット環境か?という事では、必ずしもそうでは、ありません。1GBの容量を1万人で分け合うよりも100MBを10人で分け合う方が高速なデータ転送を期待できる訳ですから目安としては、同時利用人数に対してどのくらい回線容量があるか?で速度が決まってくる訳です。その為大手企業だから高速と言う訳では、ないので実際に使用してみないと自分の利用する時間帯に快適に使用できるのかどうかを判断できません。

しかし、格安simは、楽天等を覗いてほぼ全てがクレジットカード登録しないと契約できないのですが 体験の為に 1か月契約するとか面倒な事この上ないのです。

そんな時に利用しやすいのがプリペイドsim。OCN、iijが既にありますがこの度mineoも登場です。

旧mineoプリペイド

以前もmineoプリペイドは、ありましたがその際は、1GBを使用期限2か月で4000円弱位と非常に高価でした。その為利用する意味は、ありませんし体験にしても高すぎます。ocnやiijプリペイドなら4か月で半額以下ですし。

そんな折2018年末位にリニューアルというよりも体験を促進するキャンペーン用なのかもしれませんが新しいmineoプリペイドパックが発売されています

こちらは、期限2か月で容量自体は、200MBと少ないような気もしますが電車の乗換、ニュース、メール、地図程度の使用等多くの人は、1か月50MBも使用していない事を考えると速度体験には、十二分だと思われます。パッケージにプチ体験と記述があるようにmineoの回線状況を体験してもらおうという趣旨のパックなのでYOUTUBE等見るとすぐ容量を使い切ると思われます。
mineoには、パケットシェアとかなんとかいう事でデータ使用量を契約者間で融通する仕組みがあった気がしますがプリペイドでは、使用できません。また、ocnやiijのように容量追加もできません。200MB/2か月使い切りです。

販売パック自体が各simサイズ毎でsimが付いてきますので配達受領後simを挿して説明通りに自動音声対応の開通手続き電話をしたら端末設定すればすぐに使用できます。FomaとLTE両対応のデータ専用です。当然smsや音声は、利用できません。回線は、ドコモ版とau版でsimサイズも各サイズあるので自分で使用したいものを選択して購入する必要があります。

mineoプリペイドパック プチ体験購入

mineoプリペイドパック プチ体験は、どこで手に入るのかというとAmazonと楽天市場で販売されています。今回は、mineo楽天店でドコモ版MicroSIMを購入しました。楽天市場店では、送料込みで216円(2018年12月時点)。Amazonも同じ値段ですが Amazonだと2000円以上購入しないと配送料が必要になるので当方は、 楽天市場店で購入。

meineoプリペイドパック開封

楽天市場で購入したので郵便で配送されるのかと思ったらいつものAmazon御用の配達業者が来ました。ん???と思って箱を受け取るとAmazonの箱です。そうです。楽天市場で購入してもAmazon配送でやってきます。

Amazonの普通の箱
梱包材も一杯
梱包材をどかすとペラペラのSIMパックが・・・。これって凄い赤字なのでは。郵便の方が安いと思います。
「マイネオ開通前に気軽に体験できる~~」だそうです。
裏面に開通期限と開通に必要な番号が書かれています。
3つ折りの台紙にSIMカードが挟まれています。
ご利用までの流れを見ながら設定して行けば問題なく開通できるはずです。

実際に利用した感触

設定も終わり早速使用してみた感触としては、繋がります。データも転送されてきます。ただ、高速かどうか?と言われるとう~~~ん。朝の通勤、お昼、帰宅の時間帯が一番混む時間帯らしいのでその辺りで使用しても一応サイトもメールも取れます。ただ、やはり引っかかりがある感触がします。メルカリのように画像が多いアプリ等だと表示が結構遅い印象があります。これは、iijプリペイドと比較しての体験からです。と、言っても格安sim自体がそんなに大きな回線容量を持っているところは、少ないので劇的に異なるという訳では、無いのでしょうけど。お昼時も遅いですがデータが落ちてこないという訳では、無くただ、遅いというだけです。Yahooのトップページ開くのを待っていたらお昼休み終わりますとかよりは、マシでしょう。ちなみに体感が重要で最高速度計測に意味は、無いので行いません。

最後に

ocnプリペイド、iijmioプリペイドと異なりmineoプリペイドパックプチ体験は、基本的に体験してもらってそのままmineoに本加入してもらうことを趣旨にしている物だと思うので今後ある程度の期間提供されるかどうかは、解りません。このsim販売するだけでも1000円以上経費が掛かっているのでは、無いかと思いますのでそういう事です。
購入は、一人1枚までとか制限がないようなので2か月毎に購入すれば普段殆どデータを使用しない人が念の為にデータ回線を保持するのに使えそうな気もしないでは、無いのですがそれは、mineoの望むところでは、無いと思います。ですのでこの体験simを使用して「気に入ったら」mineoに本契約してあげてください。そうすればこのプリペイドに販促効果があると思って長く販売される可能性がありますので。
ん?

 - MVNO , ,

ブログパーツ