優柔日誌「コマレテル」

決断できない人の日誌です。

自転車のサドルを自分で交換しました。[自転車]

      2018/08/12

当方の愛車は、あさひという自転車チェーン店で購入した17000円前後のシティサイクルですが購入から6-7年程度経過してあちこち痛みが見らえます。タイヤは、数回交換していますしペダルも割れて交換、ブレーキ周りもグリス注入とかまぁ、色々手間がかかっています。まぁ、推定1500km以上乗ればそんなものでしょうね。
そんな我愛車ですがなんとびっくり、サドルのバネが割れました。搭乗中に「バキン」と。もちろんその時は、「割れるんだ?!」と和やかに思いました。
下の画像の左側が割れた箇所ですが金属疲労による破断でしょうか。

拡大するとこんなところです。真っ二つというよりもネギの斜め切りのように斜めに割れています。
一応これでも乗れない事は、無いのですが漕ぐときにギコギコ、ガキンとか言って衆目を集めますし乗り心地も悪いので交換します。

新サドル調査

実は、以前にもサドルを1度交換しています。最初付いていたサドルは、弱すぎで何度か風などで自転車が転倒したら地面に打った箇所が破れてダメになったので下の物に交換しました。
GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) CHS-80HMC ブラック

で、この交換後のサドルは、交換したのが5年前です。5年の月日が経過して更に新しいタイプのサドルが発売されているかと思いいつもの通販サイトで検索します。
「ん~~~~」
見たところ候補に挙がるのは、5年前と同じで今回破断した物以外にも下のようなところ。

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) CHS-50HMC

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル サドル軽快車用 グレー Y-2142

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ソフトサドル ブラック

GRK CHG-207HVC ビッグサドル 116-00002 ダークグレー

スポーツ車用の馬の顔の骨のようなサドルも検索で出てきますがああいうのは、速度出す訳でないとお尻が痛そうなので選択肢に入りません。そして上は、安い方からそれなりそうなのを候補に上げました。
もう少し高い物もありますが高い物で7年位使用するよりも今回破断した物が5年使えましたので5年毎に交換した方がお得かな?という事で1200-1500円前後の物が上の候補です。

CHS-50HMC

で、結局どれにしたかというと本来は、前回と同じCHS-80HMCにしようと思っていたのですが検索時に在庫切れで黒が無かったので仕方なくCHS-50HMCにしました。

早速交換します。このサドルは、アサヒのサドルの棒?柱?名前が解りませんがサドルをつける銀色の棒部分の太さよりもいくらか太い仕様の棒に付けるようになっているようで頑張ってネジを締め回しまくらないと「スポン」と取れてしまうので頑張って締め捲ります。 外見上異なるのは、後部右側にhi-softと入っているかどうか位でしょうか。
座り心地は、特に変わりは、無い気がします。ただ、CHS-80HMCの新品時は、もう少しフカフカ感があったような気もします。まぁ、その為のhi-soft仕様ですしね。でも、気のせいと言う事も。むむ。

最後に

外見上あまり変わらないと思いましたが一点異なる点を見つけました。それは、表皮がCHS-80HMCは、ツルツル系ですがCHS-50HMCは、ザラザラ系なのです。そう、春先に強風が吹くと砂が舞いますよね。あの砂が朝、乗車しようとするとサドルの上に残っています。はっはぁ~、毎回払いのけないといけません。そこがCHS-80HMCとの大きな違いです。ただ、このざらざら加工は、大したザラザラでは、無いのでお尻との摩擦で無くなってそのうちツルツルになりそうな予感もします。
そうすれば以前と一緒、かな?
GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) CHS-80HMC ブラック

 - 自転車 ,

ブログパーツ