優柔日誌「コマレテル」

決断できない人の日誌です。

PCからマイナポイントをd払いに予約/登録してみた。

   

お国がキャッシュレス/マイナンバーカードを普及する取り組みとしてマイナポイントをくれるという取り組みをしております。2020年9月1日から2021年3月31日までの買い物で25%還元。最大で5000円までとなっています。5000円貰うには、2万円分のお買い物が必要ですが消費税等を考慮すると5000円は、それなりの気もしますので早速登録してみました。

登録先は、色々ありますが当方は、ドコモのd払いが都合が良かったのでd払いを選択しました。お国からの5000円分のポイント還元に加えてドコモからも最大2500ポイント分還元があるので最大で7500円分の還元があります。

ただし、このd払いは、ドコモが運営しているだけあって基本的にスマホからアプリを使用して登録を考慮しているみたいでd払いのサイトにあるマイナポイントのページを見てもスマホからの登録方法しか記述がありません。
ドコモ:マイナポイントは、d払いで・dカードで!

このマイナポイント登録が可能なスマホの機種が最近の物だけになっている為当方の少しだけ旧式なスマホでは、マイナポイントのアプリがインストール不能でした。その為PCかコンビニのマルチ端末(コピー機等)からできないか探しました。すると総務省のマイナポータルの方には、PCからの登録方法が記述されていたのでそちらから登録することにします。
総務省:マイナポータル(良くわかる!マイナポイント予約・申し込み方法)

上のリンクを開くとウサピョンが丁寧に説明してくれるのでその通りにすれば多分大丈夫。iPhone、Android、パソコンに分けて説明が記述されているのでタイトルに偽りなしです。どこかの嘘つきウソぴょん、コダイ、まぎらワシ・・・のウソぴょんとは異なります。

PCからのマイナポイント登録に必要な物

マイナポータルを読めば問題ないと思いますがPCから登録する場合に必要だったものは、下記の通り。
1.Windows8/10上で
MicrosoftのInternetExplorer11または、Edge
Google Chrome Ver79以降(ブラウザ拡張使用)のどれかが使えるPC
2.マイナンバーカード
3.マイナンバーカードの暗証番号4桁の方
4.マイナンバーカードを使用可能なICカードリーダー
5.d払い用のdアカウント(id、パスワード)

パソコン保有している人ならWindowsでもMacでも問題ないと思いますがマイナンバーカードを使用可能なICカードリーダーを保有している人は、少ないのでは、ないかと思います。
有名どころでは、

Sony PaSoRi RC-S380

NTTコミュニケーションズ ACR1251CL

NTTコミュニケーションズ SCR3310

辺りかと思いますがどれも最低でも2700円程度は、するので「5000円のポイント貰うのにそれだけお金かけるのもなぁ」と言ったところです。

更に探すとAmazon等に1000円以下の中国製?と思われる製品もありレビューを読むと使用可能なお話とダメだったお話両方あって悩むところですが当方は、無難にNTTコミュニケーションズが以前販売していたSCR3310のOEM元企業?が販売しているSCR3310を購入しました。


SCR3310/v2.0 簡易パッケージ品

簡易パッケージ品なので商品自体は、本体がプチプチで包まれた状態で届きます。
各OS用のドライバも「https://support.identiv.com/scr3310v2/」からダウンロードできますので問題なかったです。
Windows10だと他のドライバが読み込まれて動作しているようになりますが当方の環境では、上のリンクから落としたドライバに入れなおさないとマイナンバーカードを認識しませんでした。

ICカードリーダーをPCに接続しダウンロードしたドライバに入れ替えてマイナンバーカードをICの金色が上の状態で挿入した状態でマイナポータルの説明に書いてある「マイナポイント予約・申し込みサイト」を開きます。

注意書きを良く読み画面中央にあるオレンジ色の「マイナポイントの予約」ボタンの下にある「マイキーID作成・登録準備ソフト」をダウンロードしてインストールします。

次に使用するブラウザに対応したブラウザ拡張をインストールする必要があるので更にその下にリンクがある使用するブラウザのブラウザ拡張をインストールします。当方は、Chromeを使用しました。

ここまで来たらオレンジ色の「マイナポイントの予約」ボタンを押します。

環境に問題があると下の画像のようにどこに問題があるのかエラーが出ますので準備ができていない箇所を対応環境に変更して再度オレンジボタンを押します。

環境が問題なければマイナンバーカードのパスワードチェックがでます。マイナンバーカード取得時に登録した利用者証明用パスワード(4桁)を入力します。

ここで下のような画面が出たらマイナンバーカードの証明書が期限切れなので住民登録のある市役所に行って証明書の更新をして貰います。

窓口が混雑していなければすぐですし無料です。マイナンバーカードと電子証明書のパスワード全部(4桁が3個)と証明書更新用の長い奴両方必要です。

証明書の有効期限やパスワード等が問題なければ下の画像のような画面になりマイナポイントの予約が行えます。

次にマイナポイントの申し込みを行います。予約して更に申し込みという流れが良く分かりませんがお役人様の業務上必要なのでこのような流れになっているのだろうと諦めて画面の通り進めます。

下の画面を見てもマイナポイントの予約と申し込みの違いが不明ですし何に対しての申し込みか不明ですが利用規約の部分に「マイキープラットフォーム及び自治体ポイント管理クラウド」という文言が入っているのでこのクラウドを利用する為の申し込みなのかもしれません。まぁ、謎ですが泣く子と地頭に逆らわないのが文化ですのでお役所を信用して進みます。

ここまで来てようやくどのキャッシュレスサービスにマイナンバー?マイナポイント?と関連付けるのかの設定画面が出てきます。
キャッシュレスサービスの名前やカテゴリで検索して自分の登録したいキャッシュレスサービスを表示させます。当方は、d払いなのでd払いを検索。

するとd払いには、商品購入時にポイントが付く方式とd払いにチャージした場合にポイントが付く方式の2種類あることが分かります。チャージを選択してここで2万円チャージすればお国から5000ドコモポイントと状況に応じてドコモから最大2500円ドコモポイントが付与されます。付与タイミングは、即時となっています。
ただしドコモ分に関しては、d払いのサイトのキャンペーン条件を見ると翌月だか翌々月だとかゴチャゴチャ付与日に関して書いてあるのでそちらを良く読んだ方が良いです。

いろいろと考慮して当方は、お買い物時にしました。

d払い登録時に決済サービスIDとセキュリティーコード1の入力を求められますが下の画像の説明通りにdアカウントIDとパスワードを入力します。
一番下に電話番号下4桁とありますがこれを入力するとマイナポイントの申し込み状況が問い合わせられるとかなんとかどこかに記述がありましたがコールセンターに問い合わせとかだったので当方は、空欄です。Web上でできんのかな。不明。

入力内容確認後良ければ下の方の申し込みボタンを押して完了です。

最後に

システム稼働当初は、非常に酷い状況だったマイナンバーカードのシステムですが最近は、どうなんでしょう?住民票の移転や電子証明書の更新をしてもらった限りでは、特に待たされることもなくスムーズに処理されましたので当方は、特に不満は、ありませんが改善されているのでしょうか?数千億円だか兆円とか費用が掛かっているシステムがポンコツでは、困るので頑張ってほしい所です。

どちらにしても銀行の利子で5000円貰うのにどの位の金額が必要かを考慮すると貰っておいて全然損が無いと思われるマイナポイントです。普通に生活していれば半年で2万円は、余裕で使用しますしね。

マイナンバーカードに対応しているスマホを所持している人なら無料で登録可能でしょうからお得なのでは、ないでしょうか。
PCを使用しないと無理な人は、ICカードリーダーの値段がネックになりますが今回しか使用しないならソニー製等を購入して登録したらオークション等で売れば数百円の差額で登録できそうな気がします。確定申告の時期になれば中古需要も伸びるでしょうしね。

一応予算上限が決められているそうですが2020年9月の報道によると全然余っているらしいので今からマイナンバーカード作って貰うのに数週間待ったとしても全然余裕でマイナポイント貰えると思います。(本人限定郵便とかにして郵送配達してくれればもっと申請する人多くなりそうだけど。申請時か受取時のどちらかに役所に行かないとダメなのは、物が物だけに仕方ないと言えば仕方無いけど5000円の為に仕事の時間やりくりして取りに行く人いないと思うのです。)

一般的に考えて犯罪者や税金ちょろまかしている人以外は、マイナンバー登録しても困らない筈なのでお得では、ないでしょうか。

新型コロナで10万円貰ってキャッシュレス/マイナンバーカード振興で5000円国家予算から貰えるとかちょっと異常な気もしますが・・・貰えるものは貰っておくのだ。

では、では。

 - 時事ネタ, 未分類 ,

ブログパーツ