優柔日誌「コマレテル」

決断できない人の日誌です。

IIJmioプリペイドにリチャージクーポンを適用してみました。[格安SIM]

   

DSDS端末の出現により通話用回線とデータ用回線を一台の端末で同時待ち受けが可能になったのでデータのみSIMの需要が増えそうです。通話用の方は、MNPするのも費用も掛かるし面倒だと思う人が多いと思いますしね。

そんな中IIJmioが用意しているサービスで標準の物は、毎月一定額を支払うタイプのSIMプランがあります。月3GB迄で900円です。4か月で3600円。なんで4か月かと言うとIIJmioのプリペイドSIMは、有効期限が4か月だからです。比較の為ですね。

IIJmioプリペイドのリチャージクーポン

IIJmioプリペイドがどれだけ安いかの詳しいお話は、「毎月低容量で良い人へ。低価格プリペイドSIMを調べてみました。」を読んでもらうとして今回は、そのプリペイドに追加/リチャージをしたというお話になります。

方法としては、コンビニでリチャージ用のクーポンを購入します。500MB=1500円非課税です。消費税かかりません。(2GB=3000円もありますがそんなに要らないし月払いのMVNOよりも少々割高です。4で割ると750円ですしね)

上は、ローソンで購入しました。有効期限が3か月と書いてありますが実際は、4か月と同等です。その辺りのからくりは、「月末まで」という言葉に隠されています。「リチャージから3か月後の月末まで」という言い回しです。最初意味が解らなかったのですが落ち着いて考えるとようするにリチャージした当日から3か月後とは、リチャージから90日後ですが更に「月末まで」というと90日後にプラスして月末までの日数が追加になるという意味です。

例えば1月15日にリチャージしたら3か月後は、4月15日ですが月末は、4月30日ですので実質105日使用可能です。これを考慮すると月初の1月1日にリチャージすると4月1日が3か月後ですので月末は、4月30日となり120日分=4か月分使用可能という事になります。

「1月当月を入れると1月、2月、3月で3か月なのでは?」と思いますがどうやら2月、3月、4月という数え方のようです。

その証拠に実際にリチャージをしてみます。
IIJmioプリペイドパックの初回版に書いてあるサポート用URLを開くとSIMに割り当てられている電話番号とパスコードを入力する画面が出ます。
ちなみにこの画面だけは、データ容量が無くなっても開ける仕様らしいです。初回開始時にスマホ以外ネット環境が無いと「どうやって開始手続きするの?」という問題を回避する事と同じで容量追加もネットが開けないとできないからそのようになっているのでしょうね。(契約前の初回もSIMを挿すとサポートページだけ開けます)

電話番号とパスコードを入力してログインしたらクーポン入力を開くとクーポンコード入力画面になりますのでクーポンコードを入力します。

クーポンコードは、コンビニで購入したリチャージ用クーポンコードの紙の裏側に記述されています。下の方のバーコードの上にあるシマウマみたいな箇所を10円玉等で削ると出てきます。(ちなみにこのコードは、他のギフトカード等と同じようにぶら下げてディスプレイされていますがコンビニのレジでお金を支払って処理してもらわないと使用できないようになっているらしいです。万引き防止対策も万全ですね。)

クーポンを入力して次へをクリックすると追加になる容量と有効期限が表示されますので良ければ契約約款に同意するチェックをして適用をクリックします。
今回は、ローソンでリチャージクーポンを購入すると100MB追加になるキャンペーン中だったので600MB追加になりますが本来は、500MBです。
追加後の結果です。1月20日にリチャージ実行して有効期限が4月末日になっています。なので1月から4月末までの4か月有効な事が解ります。ほとんど使用しないのでデータ残量がほぼ余りまくりですけど。余った容量は、全て有効期限中は、無期限繰り越しなのでお得ですね。たぶん使わないですけど。

最後に

3か月しか使えないとDMM等毎月支払うタイプの方が安いサービスがありますが4か月だと上から3本の指に入るほど毎月の維持費が安いです。そしてLTEも使えますので毎月あまりデータ容量を使用しない人には、実は、一番安いかもしれないです。
そして開始も追加もネットで簡単にできますしいちいち身分証の送付なども不要なのでお手軽です。

MVNOもほぼ全ての企業でクレジットカード払いが原則になっています。デビットカードなどで端末転売詐欺をした人が多くいたという事が原因らしいです。
サービス提供企業側が損失をこうむらないようにする手立てとしては、3か月、6か月、1年等の前払いやプリペイド方式が一番安全のような気がしますがどこもかしこもそのような事を行わないのが謎です。

私が初めてインターネットプロバイダと契約した際は、1年の前払いという仕組みがあったのですが何か問題があるのでしょうかね?個人の確認などは、身分証でできるわけですし謎です。

戻りますがそんな訳でIIJmioプリペイドは、お得だと思いますよ。
あぁ、でももう少し容量が必要な人は、OCNプリペイドの方が1GB単位の追加だからそちらの方が良いかもしれません。初期費用がIIJよりも安いし。

IIJmioプリペイドパック マイクロSIM

 - MVNO , ,

ブログパーツ