優柔日誌「コマレテル」

決断できない人の日誌です。

Teslaという聞き慣れないメーカーの靴を買いました。[通販]

   

靴を買うのは、困ります。当方、結構大きいのです。

27cm位までは、普通に売っています。どこの靴屋さんでも。ですがそこを超えたサイズは、あまりありません。なんとか流通センターのビッグサイズコーナーにたまにある位でしょうか。

あるいは、新製品が発売されてすぐの時などです。でも、あまり数量が内容ですぐに売り切れます。すぐに売り切れるのだからいい加減メーカーももう少し在庫量を増やしても良さそうなものですが謎です。だって、25cmとか男性でだれが履くの?というサイズがず~~~っと売れ残ってるのだし。

で、どうやって手に入れるかというとたよりになるのがネット販売です。ネット販売の困るところは、購入前に実際に履くことができないのでサイズが合うかどうか分からない点。

経緯

日本人だとアシックスやミズノ、ダンロップ辺りの物が一般的な日本人向けの形で製造しているのでそれに慣れた人がナイキ、アディダス辺りに手を出すと泣きます。
アディダスは、実に細く甲も低くなっています。ナイキは、ニューバランスに近い感じですがそれでもまだ細く甲が低いです。ニューバランスは、甲が少し高めの物が多く靴底も広い形のデザインがあるので日本人が比較的履きやすいという事があるようです。

ただ、高いのです。ニューバランス。しかも、無駄に。

と、なるとメジャーでは、無いブランドに目を向けます。どうせ1-3年で履きつぶすので安いので十分。と、いう事で今まで安売り靴に手を出して共通して泣いた点が「靴底が1か月位で剥がれる」です。
それは、もう驚く位ぺろ~~んと。一番ダメなのが靴底に空気が入っているタイプ。これは、剥がれるのがとてつもなく早かったです。

で、昨年有名通販サイトのレビューで「値段の割に頑丈」という評価が入っていた安い靴を購入。

イグニオ(IGNIO) ユニセックス ランニングシューズ (IG-4R3014SH) ブラック
これは、スキー用品等でCMやっているあのアルペンが独自ブランドとして発売している靴です。同じ物がモデルチェンジする事なく何年間も販売されていたのですが近年大きいサイズがなくなって来たのと同じ型番で色付きのゴルフシューズのようなデザインが出てきたところを見ると前の頑丈靴は、生産終了してみたいです。
でも、実際に履いてみるとすごいです。なんと半年履いても靴底が剥がれません。何かおかしな感動をしているようですがそれだけ安売り靴は、靴底が剥がれるのが早いのです。ただ、2000円という低価格なので仕方無いのでしょうが靴先が少し歪んでいたり値段相応の箇所もあります。
この靴は、結局3年半持ちました。いや、まだ履けるのですがさすがに靴底がF1カーのタイヤみたいに溝がなくなって平らに近くなって来ましたからさすがに変え時でしょう。

と、いう事で靴を物色していて見つけたのが今回の靴。

(テスラ)TESLA トレイル ランニングシューズ・T320

某有名通販サイトでセールだったので2500円程度ですがデザインもイグニオよりましですし値段も低価格です。履きつぶす靴には、格好良さは、求めないので目立たなくてデザインもまぁまぁなら問題ないのです。

テスラというメーカーは、聞いた事がありません。電気自動車のメーカー?は、有名ですがこのテスラネットで調べるとWebサイトが見つかりません。一応フィリピンの現地法人のサイトは、ありますが大元は、どこなのでしょう?フィリピンなのでしょうか。謎。
Teslagearsというのが本名のようです。フィリピンのfacebookは、しっかりやってますが本家は、Comingsoonのまま。やる気ないのかな。

配送は、いつもの通販サイトなので板段ボールにビニールで固定状態でやってきました。メーカー箱は、無いのですね。まぁ、要らないけど。

最初29cmを頼んで履いてみたら足の中指辺りが当たる感触があったので交換を頼みました。いつもの通販サイトは、靴のサイズ違い返品(当該商品は、交換では、無く返金でした)が無料なので送られて来た箱のまま着払いで返送します。送料1200円とか・・・。あれ?あれ?いくらで購入したっけ?
そして受理されると返金されますので今度は、30cmを購入。
普段履いている靴のサイズは、ダンロップだと28cm、ナイキのレヴォリューション2だと29.5cmです。要するにこの靴は、海外デザインなので大きめを発注しましょうという事ですね。30cmの靴は、人生初ですな。

ベロの部分にメーカーのマーク。オムスビのようなロータリーエンジンのようなそんなロゴです。
靴本体は、最近流行りのメッシュです。メッシュ部分は、余計なスポンジなどなくメッシュなので通気性は、良いです。雨の日は、諦めます。

靴内部は、落ち着いた色の中敷きです。悪くない。

中の方までしっかりと作られている感じです。

一番驚いたのがここ中敷きを剥がすとなんと中底が縫い付けてあります。安い靴だと厚紙みたいのが接着剤で貼ってあるだけなのですがこれは、衝撃を吸収しそうな感じの素材が縫い付けてあるのです。驚き。

そして靴底。なにかグリップ力が良さそうなごつごつした感じの靴底です。

履いてみて気付いた点

実際に履いてみると悪くないです。土踏まずの部分が若干閉まっている気がしますが2-3回履いたら馴染みました。快調です。ショックの吸収は、一般的な感覚なので他の靴と変わらないでしょうか。特に秀でている訳でもないです。
靴底は、溝が多いので小石が挟まる確率が上がったような気がします。
春先の雨を経験してですが濡れてもメッシュなので足先だけなら一晩で乾くようです。
購入後3か月履いた感覚としては、どこも剥がれてませんし値段の割にダントツの頑丈さのような気がします。
残念なのは、かかとの部分にビニールのような素材が使用されているのでかかとが踏みにくい点位でしょうか。今のところ不満がないです。

最後に

今のところセールで2500円前後という低価格なのに4000円-5000円位の靴と遜色ないと思っています。まだ、履いて3か月なのでどうなるか分かりませんが快調です。
日本は、履物の関税が高いので外国製の靴が無駄に高くなる傾向がありますがこれだけ低価格なら問題ありません。履きつぶし専用の靴としてだけでなく普段履きとしても使えます。
久しぶりに靴探しの悩みから解放された気がします。こういう靴がもう少し増えてくれると足の大きな人々は、助かるのでしょうが他のメーカーのように27cm以上は、プラス1000円-2000円とか「ぼったくり過ぎ」としか思いませんので。1cm-2cm違うだけでそんなに原料費が変わる訳ないでしょ。
と、そんなところです。

 - 通販 ,

ブログパーツ